いつから

コンドロイチンはいつから考えられているの?

日本で多くのサプリメントが愛用されるようになったのは、ここ十数年の間です。
それまではあまり身近ではなかったものが急速に進展していきました。
生活環境が変わり、食事の欧米化などの影響もあり、生活習慣病にかかる人が増えてきました。
そのため日常生活を見直し、健康を意識した生活を心がけるようになりました。
その結果、食生活の見直しが重要となりました。

しかし毎日の食事の中でバランス良くすべての栄養素を摂取するのは、とても難しいです。
そんなときに手軽に必要な栄養素を摂取できるサプリメントがとても効果的だと考えられるようになりました。

また今まで健康補助食品がドラックストアなどでしか販売できませんでした。
それが一部の商品が、コンビニなどでも販売可能になり手軽に購入することができるようになりました。
毎日忙しい生活を送る現代人にとって手軽さはとても重要なポイントとなっています。

そんなサプリメントの中で今良く耳にするのがコンドロイチンです。
一度は耳にしたことがあるという人が多いでしょう。
しかし、どんな成分でどのような効果があるのかということまで知っている人は少ないです。

コンドロイチンはサプリメントが普及する以前から民間薬として使用されていきました。
その歴史は古く19世紀半ばに動物の軟骨の中から発見された成分として認められました。
コンドロイチンという名は、ギリシャ語で動物の軟骨という意味合いがあります。
その発見から頭痛薬や抗潰瘍剤として使用されていきました。

実際医薬品として開発が進んだのは、それからだいぶ先の1946年のことでです。
コンドロイチンが研究され実験を行われた際に、変形性膝関節症に効果があるということが発見されました。
その効果は、700人以上の人体実験でも行われこうかがあるということが分かっています。

それからコンドロイチンは、関節などの痛みに効果があるということで世界中へと広がってきました。
そのほかにもお肌の保湿効果も期待でき、美容効果があることも分かってきています。
とても古くから注目されているコンドロイチンはこれからも研究開発がより進んでいく成分だとい言えます。

このページの先頭へ